ldlコレステロールのコントロールで毎日健康生活

Health and Beauty

血管をドロドロにする

体を健康にしていく方法の一つとして、血中のldlコレステロール値を減らすという方法があります。血液は全身に回るもので、栄養素を運ぶ液体でもあります。その血液には栄養だけでなく中性脂肪やコレステロールなど血管に望ましくない影響を与えてしまう成分も含まれています。これらの血中濃度を低くすることで、健康は保つことができます。
血中に脂肪やコレステロールが多くなってしまうと、血液がドロドロになってしまいます。ドロドロした物質は血管内をスムーズに流れることができず、血管の壁に蓄積してしまうのです。血液は速く血管を流れていきますので、血管が柔軟である方が良いのですが、ドロドロした血は血管内の柔軟性を無くしてしまうのです。

コレステロールを減らすために卵を摂取しないという人もいますが、大事なのはldlコレステロールを減らすことです。このコレステロールは悪玉コレステロールとも呼ばれており、善玉コレステロールであるHDLコレステロールは身体にむしろ必要な成分なので積極的に取り入れて欲しいものです。そのため、ldlコレステロールを減らそうとする過程でHDLコレステロールを減らさないようにしたいものです。
ldlコレステロールが血中にあることも悪いことではなく、これは胆汁酸や細胞膜を作ることに必要な成分です。しかし、多すぎると動脈硬化を引き起こす危険性もあるので注意が必要なのです。
身体で生成されている成分にはそれなりの存在理由がありますが、それぞれの働きを理解し、適正量を目指せば健康が整えられます。