ldlコレステロールのコントロールで毎日健康生活

Health and Beauty

摂取しやすい方法

ldlコレステロールを下げるために必要な成分は食品から摂取することができます。また、食事で悪玉コレステロールが多いタイプの食事を取らないようにするのも大切なことです。
悪玉コレステロールが多い食品といえば飽和脂肪酸です。これは固形の脂に含まれていることが多く、バターや肉の脂はできるだけ控えた方が良い食品です。また、マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸もldlコレステロールを増やしてしまうものなのでなるべく避けたいところです。
そして水溶性食物繊維が多い食品であれば悪玉コレステロールを下げる効果があります。この成分は野菜や豆類などにも含まれているので、積極的に取り入れることが大事です。これらの食品を取ることが難しいという時は、サプリなどで補助することができます。

サプリには栄養が食品よりもぎっしり詰まっているので、少しの重さや量でも十分な量の必要な成分を摂取することができるようになっています。食事制限をしているという人にはこういったサプリメントを摂取する方が適しているのです。
野菜から得られる水溶性食物繊維は必要な成分を摂取するとすればかなりの量を調理しなければなりませんが、サプリや青汁なら少しで良いのです。また、ldlコレステロールを減らすために有効な成分であるナットウキナーゼやDHAも納豆や青魚を大量に食べるよりはカロリーも少なくて毎日の生活の中に取り入れやすいといえます。
DHAやEPAはコレステロールを下げる以外にも、脳の働きを活発にするとして注目されたので、総合的な健康を目指す人にもピッタリといえます。